無限の革新活力

2019-11-29 17:20

イノベーションのプラットフォーム:11箇所の国家創新型産業クラスター試行園区、121箇所の国家級企業技術センターと工程技術研究センター、251箇所の院士ワークステーション、161箇所の博士後期課程科学研究流動ワークステーション、13箇所の国家級ハイテク産業開発区、161箇所の省級起業インキュベート示範基地と起業示範園区、11校の省級示範起業大学がある。省都の済南は量子情報通信テストネットワークの重要なノード都市であり、全国六大のスーパーコンピューターセンターであもある。

イノベーションへの投資:全社会の研究開発経費の支出の占める割合が2.46%に達し、企業の研究開発投資が全社会の研究開発投資の91%を占める。年に少なくとも100億の財政資金を投入し、ビッグサイエンス計画、ビッグサイエンスのプラットフォームの建設を実施する。

イノベーションの成果:2018年に全省において25件のプロジェクトが国家科学技術奨励、4件の第十九回中国特許奨金賞、64件の特許賞優秀賞を獲得した。PCT国際特許申請件数が1,700件に達し、前年比21.5%増である。発明特許の申請件数が6.8万件で、発明特許の授権件数が1.9万件に達する。万人あたり有効発明特許の保有件数が8.78件であり、前年比1.21件増である。新世帯神威Eスーパーコンピューター、「蒼き鯨2号」リグ、「鮫龍号」有人潜水艇など重大な科学技術の成果を遂げた。