泰安

2019-11-29 20:36

都市の優位性

「五岳の首」、「天下第一山」と称される泰山は歴史の長い豊かな文化資源を持っている。

 泰山をめぐる豊かな文化資源

・五岳の一つである泰山は勢いよくそびえ立ち、「五岳の首」、「天下第一山」と賞賛される。世界初の自然・文化複合遺産、国家5Aクラス観光地、国家重点風景名勝区、世界地質公園である。

・泰安は「泰山が安定ならば四海も安定である」、「国泰民安」を意味する。都市全体が泰山の麓に位置し、山の伸ばしにそって都市を建設し、山と城を一体化に発展していた。

ゴールデンの観光ルートの中心に位置し、交通が便利で、1時間50分で北京に到達可能、3時間で上海に到達可能である。

・泰安市は「一山一水一聖人」という山東のゴールデン観光ルートの中心に位置する。京滬高速鉄道を利用して1時間50分で北京に到達可能、3時間で上海に到達可能である。

・京杭大運河の最北端に位置する二級水上輸送埠頭がまもなく運営開始し、ここからに南に行くと上海の洋山港に直航できる。

「産業による都市振興」という戦略を強力に発展させ、全域観光を突破口にし、新旧原動力の転換の体系を計画・構築する。

・泰安は「産業による都市振興」戦略を実施し、実体経済の発展の活力がますます強くなる。泰山石膏、山能重装の営業高が100億元を突破した。

・泰安市は全域観光を突破口にし、泰山観光地の国内外観光客の接待人数、観光消費の総金額がそれぞれ10.1増%と13.4%増に達する。

・徂徕山と大汶河が互いに呼応し、「森林酸素バー」と「ヘルスケアの福地」であり、自然景色が美しくて文化資源の備蓄も厚い。

・新旧原動力の転換体系を計画し、泰安の14社の企業が全省の「ガゼル」企業リストに選ばれた。

発展目標

「科学技術による都市振興」戦略を堅持し、一定の影響範囲を有する山東の三大科学・教育基地の一つを形成させ、特色のある「山城一体」の歴史文化風貌を保護し、サービスネットワークを完備化にし、文明、繁栄、健康、安全、快い生活と社会環境を形成させる。社会主義市場経済の発展に相応しくて、国際経済にドッキング可能の運行メカニズムを初歩的に建設し、現代化産業構造体系を強力に育成する。

進んだ第三産業とハイテク観光製品の開発を主導とし、第二産業が比較的に優れた中心都市(泰安)を建設する。石炭、化工、機械電子を主導とする第二産業での優位性を有する二つの県級都市(新泰、肥城)を建設する。二つの第一産業を基礎にする。第一、二、三産業の調和的な発展を補充する都市(寧陽、東平)と三つの産業集積地帯(104国道沿い、磁莱鉄道沿い、泰肥道路沿い)を主とする現代化分業協力経済体系。

産業の区分

テキスタイル・アパレル

一定規模以上の企業は148社あります。山東康平納集団の独自開発した「糸パッケージデジタル自動染色技術と装置」は、国家科学技術進歩賞一等賞と中国工業大賞を受賞しました。海斯摩尔生物科技有限公司は、高性能キトイオン繊維において独立した知的財産権を持っているため、国際的な抗菌性繊維応用材料の空白を埋めることができます。これからは、スマート製造・モデル革新・繊維新材料を業界の発展方向として、高レベルの衣料加工・製造プロジェクトを導入し、産業チェーンのさらなる改善を行い、はっきりとする競争優位性の持つ包括的な繊維・衣料産業クラスターの構築に取り組んでいきます。

現代的かつ効率的な農業

泰安は山東省ひいては全国でも食用油・果物・野菜・家畜・家禽・有機グリーンフードの重要な生産拠点です。特色となる森林・果物や、苗木・花卉、乳牛の飼養は山東省の最先端を走っています。泰安市では一定規模以上の農業リーディング企業が320社、山東省級農業標準化基地が76ヶ所あります。蒙牛乳業・温氏食品集团・益客集团・六和集团・北京新农創・広東嶺南など、76社の全国知名なリーディング企業が次から次へと泰安に拠点を置きました。これからは、国家級・省級現代的な農業産業園と現代的な農業モデル地区の建設を加速し、食用油生産の安定化と、有機野菜・生態系乳製品・泰山茶・苗木・花卉などの10の比較優位を持つ産業の高度化に取り組み、第1次、第2次、第3次産業のさらなる融合を進めていきます。特色があり、業態豊富な産業チェーンモデル区の構築や、地方振興の斉魯モデルの作成に力を注いでいます。

現代的な物流

現在、一定規模以上の現代的な物流企業は93社あります。 「泰山鋼材大市場」は江北(長江以北の地域)で最大の鋼材卸売市場です。山東岳華エネルギー複合一貫輸送プロジェクトは交通運輸部のモデルプロジェクトに組み入れられています。峰松電子科学技術は、中国初の「非車両運送業者」パイロット地区となっています。これからは、比較優位の持つ物流産業園をコアにし、オンライン物流情報プラットフォーム・オフライン物流インフラネットワークをベースに、製造業物流・コールドチェーン物流・eコマース物流・複合一貫輸送・保税物流・新幹線物流が共に発展する現代的なスマート物流サービスシステムの構築に注力していきます。千億級の物流産業クラスターを作り上げ、泰安市は地域において重要な物流ハブ都市となるでしょう。

文化・旅行

2019年、泰安市に訪れた国内外の観光客は延べ8,473万人となり、消費額(総額)は905億元に達しています。これからは、泰山にある2つの世界遺産を中核とし、「中国泰山・天下泰安」という文化・旅行目的地ブランドを導きにし、泰山・大汶口・東平水滸湖の3大文化旅行エリアの構築に焦点を当てながら、泰山碧霞湖・中信陕旅「泰安秀都」などの十大文化・旅行プロジェクトの開発に重点を置き、地域全体における旅行産業の構造革新や、国家レベルの文化観光モデルエリアの構築に取り組んでいきます。

医療・介護

泰安は、医療・介護産業がうまく発展できる独特のリソースに恵まれています。環境は美しく、森林被覆率は39.5%で、4つの「中国森林バー」と3つの国家級湿地公園があり、空気の質が極めて良いです。医療資源が豊富で、7つの三級甲等病院(最高クラスの病院)と3つの医科大学があり、「微医」インターネット医療プロジェクトも泰安に拠点を置きました。泰邦生物・京衛製薬・健通生物などの医薬品製造企業は中国でよく知られており、泰山医療・介護センターや、諾莱大健康医療、介護産業基地、魯商客天下などの特別な高齢者介護プロジェクトの構築も促進されています。これからは、「健康泰安」の建設を目標に、有力企業を積極的に誘致し、泰山東部における医療・介護産業基盤の構築、南部におけるバイオ医薬品産業クラスターの形成に力を注いでいきます。また、バイオ医薬品・医療健康・高齢者介護など、ライフサイクル全体をカバーできる医療・介護産業チェーンの構築に傾注し、国際的に有名な「養老は泰安・養生は泰山」の医療・レジャーブランドの構築も促進していきます。

新エネルギー、省エネと環境保護

泰安市では一定規模以上の新エネルギー企業が99社あります。リチウム電池化学エネルギー貯蔵は国内の先頭に立っており、国内においてリチウムイオン電池材料の重要な製造拠点として、正極材料から完成電池製品までの産業チェーン全体を形成しています。これからは、全国先進的な新エネルギー機器製造及びスマートグリッド機器産業クラスターの構築に焦点を当て、完全なエネルギー貯蔵産業チェーンの形成や、水素エネルギー産業の事前配置、石炭のクリーン利用・効率的利用に重点を置く新型環境保護産業の開発を加速させ、泰安市は研究開発・製造・供給・模範が一体となった新エネルギーや、省エネ及び環境保護業界の応用基地となるでしょう。

新素材

一定規模以上の企業は225社あります。その製品には主に新型建築資材、高性能繊維、特殊と機能性金属材料が含まれ、国家火炬計画の非金属材料特色産業基地となっています。 泰山ガラス繊維の製造量は国内で2番目、世界でトップ3位です。高強度・高弾性ガラス繊維の国内市場シェアは45%を占めており、泰山石膏は中国最大の石膏ボードメーカーです。正威新材料や、華能光ファイバープリフォーム、中国・イスラエル炭素繊維産業園、10,000トンのアラミド繊維など、数多くのプロジェクトが導入・構築されています。これから、泰安市はチェーンの構築・補足・強化に焦点を当てるとともに、高性能繊維と新型建設資材産業の高度化と、新型ジオテキスタイル資材と先端繊維材料産業の拡大、光通信材料・希土類永久磁石材料・リチウム電池産業の育成に取り組んでいきます。また、高性能繊維・新型建設資材・新エネルギー素材・新光通信素材の4つの産業クラスターを構築し、強い影響力を持つ「全国新素材の郷」づくりにも努めています。

次世代情報技術

浪潮ソフトウェア・東華合創ソフトウェア・泰盈科学技術など、一定規模以上の企業が78社あります。過去2年間に、院士専門家である倪光南が核心人物となった「泰山office」というR&Dチーム、院士専門家である沈昌祥の「クラウド空間安全ワークステーション」、華為の「都市産業クラウド」及び鉅成泰安産業園などの「高精尖(ハイレベル・精密・先端的)」情報技術産業プロジェクトが誘致・導入されてきました。これからは、京津沪(北京・天津・上海)産業移転を受け入れる地区や、済南地域の飛地経済の共成長地区などの優位性を活かし、次世代情報技術産業のさらなる拡大を加速していきます。また、エレクトロニクス・ビッグデータ・ビッグビデオ・ハイエンドソフトウェア・独立系セキュリティー製品などの分野において強力な競争力と比較優位を備えた3〜4つの産業クラスターを構築し、経済成長を牽引する新エンジンとなるよう力を入れています。

ハイエンド装置とスマート製造

指定規模以上の企業は228社あり、主に送電・変圧機器、自動車・部品、建設機械、採鉱機械などの産業で事業を展開しています。国家火炬計画である泰安送電・変圧機器の特色産業基地であり、国家採鉱設備のハイテク産業化基地でもあります。泰開集団・山能重装・航天特車などの企業が中国の先頭に立っています。これから、ハイエンドの送電・変圧機器と採掘機器、新エネルギー車及び部品、インテリジェント特殊機器、ハイエンドのCNC工作機械及びロボット、人工知能の6つの分野に焦点を当て、送電・変圧機器や採掘機器という2つの国家級産業クラスターの形成に取り組んでいきます。山東省機器製造業の革新開発を牽引するリーダーを目指し、全国ハイエンド機器と強力なスマート製造都市となるでしょう。

ハイエンド化学工業

石炭・石膏・岩塩などの鉱物資源に恵まれているため、主に石炭化学工業・塩化学工業・ファインケミカル産業・化学工業新素材を軸に、瑞星集団・超威電源・阿斯德・晋煤明昇達などの主要企業(一定規模以上の企業95社)が役割を果たすハイエンドの化学工業クラスターを形成してきました。これからは、完全な化学工業チェーンの構築を目指し、四大化学工業園を通じて、企業誘致の促進に力を入れるほか、過剰生産能力の淘汰や、エコ・環境配慮型の先進的なハイエンド化学製品の開発、農業用化学工業の高度化、ファインケミカル工業の拡大、塩化学産業の高度化と環境配慮型化学産業の最適化を行い、現代的な産業構造の構築にも傾注していきます。

リーディングカンパニー

利華益集団

利華益集団は石油化工、製薬をコア産業とし、紡績服装、消毒液を下流産業とするマルチ業態、多国籍、多元化経営をする国家大型企業集団であり、中国工業企業トップ1000社、中国製造業トップ500社、中国化学工業トップ100社、全国大中型工業企業自主創新能力業界トップ10社、山東省企業トップ100社、山東省工業企業(集団)トップ100社でもある。

泰開集団有限公司

泰開集団は電力網・電気、専用自動車、低圧電器、環境保護設備、精密鋳造、ロボットなど多くの業種をカバーする大型企業集団である。現在企業の総合経済指標が全国の送電・変電業界の優位に立ち、山東省同業界において多年連続にトップを確保し、中国国内わずかにある550kV以下の電圧クラス送電・変電プラント設備の納品、発電所建設完全請負の能力を有する大型企業集団の一つである。長年にわたり、製品が国内すべての省・市、自治区、アメリカ、ロシア、オーストラリア、インド、パキスタン、ブラジル、韓国、ポーランド、アフリカ、南アメリカの計60数カ国の国家と地区で販売し、相次いでインド、アメリカ、カナダ、パキスタン、ケニアで支社を創立した。