「クラウド投資誘致」と「クラウド人材招聘」AIシステム実装!山東を選べ―プラットフォームに「双招双引」という二つのクラウドが開通

2020-02-11 23:20

大衆網・海報新聞済南2月11日発(記者 孔秀 韓静静)疫病の治療とその蔓延の阻止による交通の遮断でも協力し合って成長を目指す希望を殺せない。本日に当たり、山東を選べ―クラウド・プラットフォーム「双招双引」(二つの誘致と二つの導入)オンライン直行便―「クラウド投資誘致」と「クラウド人材招聘」AIシステムは正式に実装されて稼働する。

クラウド投資誘致、クラウド招聘という「二つのクラウド」は省委組織部、省商務庁、省人社庁などの部門により、省インターネット伝媒集団が実際に構築した山東を選べ―クラウド・プラットフォームを頼りにして作られたものである。商務部が2月10日に『商務部弁公庁による積極的に新型コロナウイルス疫病に対応し外資系企業へのサービスと外資誘致事業を強化する通知』を公布したあと、山東省は「双招双引」AIシステムを実装する初の省になった。

今年の春節の前、「山東を選べ」クラウド・プラットフォーム事業専門担当班はすでに我が省の「双招双引」オンラインイベントを計画していた。疫病が全面的発生したあと、当該事業の中断を防ぐために、当班は省インターネット伝媒集団に所属する技術人材を動員し、春節の休みが終了したあとの出勤初日から残業までしてきて、本日のシステムの実装と稼働まで、わずか7日で「クラウド投資誘致」と「クラウド人材招聘」という「二つのクラウド」システムを構築した。

クラウド投資誘致AIシステムは省内16市の優れた投資誘致プロジェクト、投資誘致に関する政策、ビジネス環境、投資誘致速報などのデータリソースを集めてあり、クラウド投資誘致大会を主催し、省級と市級の投資誘致部門と計180個の園区(ゾーン)と共に事業誘致、産業チェーン誘致などの各種提携案を練った上に、多国籍企業、国内の外資企業協会、銀行、保険、基金などの金融投資機関と一緒にオンライン商談、オンライン締約を実行し、ワンストップ式の投資誘致サービスを提供する。

クラウド投資誘致セクションは山東の優れた投資誘致プロジェクトの展示、コミュニケーションのプラットフォームの構築を目的にし、山東に関する投資誘致情報、高品質プロジェクトの展示、クラウド投資誘致大会の開催、リアルタイムの情報交換などの機能を実行し、「オンライン商談」、「オンライン契約」などの機能も近いうちに実装されて稼働する予定になる。

クラウド人材招聘AIシステムは山東を選べ―クラウド・プラットフォームが保有する求人データベース、「十強」産業高度人材データベース、人材政策データベースに基づいて、ビッグデータ、クラウド・コンピューティング、AIなどの技術を採用し、企業と求職者両方のニーズによって知能的なマッチングと精確な情報プッシュを行う。オンライン招聘会は省級と市級の人材導入部門、国内外のプロのヒューマンリソース機関、ヘッドハンター会社、プロのクラウド投資誘致機関などと協力し合い、市と県、園区(ゾーン)、企業のためにクラウド人材招聘イベントを主催し、オンライン情報公布、質問と回答、生放送などの形で全省における人材導入事業を促進する。現在、「クラウド人材招聘」のシステムは人材ニーズの発表、オンライン招聘、「コンサルティングしたい」、「応募したい」などの機能を実現できる。

提携意向や提携プロジェクトに対して、山東を選べ―事業専門担当班は16市を含むオンライン問い合わせ接待チームを結成する予定で、一刻も早く有効の情報を関係の地級市と園区にプッシュする。「プロモーションの面において、我々は全国、全省各地のニュースセンターでポスターニュースを使い、全国の主要メディアと財経などのプロのメディア資源を利用し、山東を選べプラットフォームをFacebook、twitterなどの海外社交プラットフォームに進出させ、一枚の画像で分かる、ショットビデオ、ミニポスターなどの形で投資誘致に関する情報を配信し、効果的な情報の通達率を上げる。」

山東を選べ―クラウド・プラットフォームに所属する「クラウド投資誘致」と「クラウド人材招聘」という二つのAIシステムの正式の実装と稼働は、国家の関係部門が提示したイノベーションと投資誘致の最適化の要求にも応じた。2月10日、商務部弁公庁は『商務部弁公庁による積極的に新型コロナウイルス疫病に対応し外資系企業へのサービスと外資誘致事業を強化する通知』を印刷して配布した。当『通知』によって、投資誘致の方式を革新して最適化させ、オンライン商談、ビデオ会議、オンライン契約などの形を活かしてクラウド投資誘致を積極的に推進し、投資の促進と誘致事業を持続的に推進することが要求された。

ほかの情報により、今年から山東は「山東を選べ」クラウド・プラットフォームを通じたオンライン投資誘致事業を16市で全面的に展開する予定になる。初回の「クラウド投資誘致」は2月14日に省インターネット伝媒集団に所属する「趣看」クラウド・プラットフォームで生放送される予定で、当日は濱州市の関係責任者らが現地の投資誘致プロジェクトや関係政策を解説して、世界各地の投資者に濱州を紹介することになる。